Windows Vista/Server 2008 における Ahkun EX AntiMalware のサービス起動障害について経緯詳細

HOME >  Windows Vista/Server 2008 における Ahkun EX AntiMalware のサービス起動障害について経緯詳細

現在、『Ahkun EX AntiMalware』シリーズ製品・サービスの各ラインナップにおいて、Windows Vista / Windows Server 2008 のOSが搭載された一部マシンで EX AntiMalware のサービスが正常に動作しなくなる障害事例が確認されています。

 

■障害発生の原因:
2017年5月15日、アークンがリリースした EX AntiMalware クライアントプログラム v6.1.1.0 で使用するデジタル署名が何らかの理由で Windows OS側で正常に認識できず、EX AntiMalware の下記サービスモジュールが開始できない状態になっていると考えられます。

・AhkService.exe:
リアルタイム監視と、スキャンを実行するサービスプログラム
・AhkUpdateService.exe:
アップデートを実行するサービスプログラム

 

■修正プログラムバージョンのリリース:
上記障害の発生を受け、アークンは、暫定対応として当該不具合事象を回避する EX AntiMalware の修正プログラムをリリースいたしました。

 

・EX AntiMalware クライアントプログラム: v6.1.1.1
・リリース日: 2017年 5月19日

クライアントプログラムの自動更新により、既に EX AntiMalware v6.1.1.1へのアップデートが完了しているお客様は、当該不具合は解消されていると思われます。

 

しかしながら、Windows Vista / Windows Server 2008 のマシンで5月15日以降に EX AntiMalware v6.1.1.0へのアップデートが完了しているお客様においては、上述のサービスモジュールが動作しないため通常のクライアントプログラムの更新が出来ず、現在も当該不具合が解消されていないと考えられます。
その場合は、下記の案内に沿って、修正ツールセットによる手動の復旧作業を行ってください。

 

■修正ツールセットの利用方法:
1. 下記URLより、修正ツールセット (ServiceUpdateBat) をダウンロードし
てください。

修正ツールダウンロード(zip/1.51MB)

https://download.ahkun.jp/resource/download/etc/beefac264ae56bf02408528b4d607bca/ServiceUpdateBat.zip

 

●修正ツールセットのコンポーネント:
・EX AntiMalware サービス手動更新手順 (PDFファイル)
・修正版サービスプログラム (AhkService.exe, AhkUpdateService.exe)
・修正用バッチプログラム (UpdateBat.bat)

 

2. ServiceUpdateBat.zip を解凍後、同梱の UpdateBat.bat を実行してください。

* 手順の詳細については同梱の EX AntiMalware サービス手動更新手順をご参考の上、修正プログラムの置き換えと確認を行ってください。

* 尚、EX AntiMalware の仕様上、Windows Vista / Windows Server 2008では、クライアントプログラムのアップデート完了後、OSを再起動する必要があります。

今回の障害原因となった、デジタル署名をOSが正常に認識できなかった理由については、現在、署名発行元の企業と調査を進めております。

 

該当のお客様には、大変なご迷惑をお掛けしていることを深くお詫び申し上げます。
尚、現在までに、Windows Vista / Windows Server 2008 以外のマシン環境においては、同様の不具合事象のご報告はございません。